ページ上部へのスクロールボタン
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

派遣と非常勤の違い

派遣と非常勤の違いに悩む女性イラスト

看護師として働きたいと思っていても、様々な事情から常勤として働けない方もいらっしゃいます。
そういった場合は非常勤のスタッフとして現場に入りましょう。

非常勤とは名前の通り、常勤ではない働き方の事を指します。

大まかに言えば派遣やアルバイトなども非常勤の1種に含まれるのですが、

看護師イメージ上半身

ここでは細かく非常勤と派遣を分類して、それぞれの違いについてご説明していきたいと思います。

その他気になる項目は下記からチェックしておきましょう。

派遣と非常勤の違い

非常勤は勤務時間や出勤日数を自分の希望にあわせて働く事ができます。

もちろん全ての要望を叶えてくれるという訳ではありません。
総合病院の場合1回の拘束時間が7時間以上、週2日以上の出勤を条件にしている事が多いです。

クリニックであれば午前診療や午後診療のみなどの半日勤務を中心とした働き方もあります。
給料は時給制や日給制で、働いた分だけ稼ぐ事ができます。

こうした働き方は派遣でも共通しています。

派遣と非常勤の違いとは、

非常勤

総合病院やクリニックなど、勤務先から直接雇用される。

派遣

派遣会社を通じて勤務する。

日給や時給単価の相場は、非常勤よりも派遣の方が高いです。
さらに派遣の場合は派遣会社が病院側に対して手数料(マージン)を徴収します。

派遣・非常勤に強い転職サイト

常勤転職でも有名な「看護のお仕事」では派遣・非常勤求人に特化した専門サイトを運営しています。
通常の転職サイトではどうしても常勤を優先的に紹介したい傾向があるため、はじめから派遣や非常勤専門と割り切っているのはとても助かりますね。

現在、派遣専門に取り扱う大手は看護のお仕事の1社のみでとても重宝する存在です。

病院側の視点で派遣と非常勤のあり方を考える

派遣と非常勤の違いを考える時は、病院側の視点で見ていくとわかりやすいです。

現在、多くの病院が慢性的な看護師の人手不足で悩んでいます。
常勤看護師をより多く確保していく事が理想ですが、そう簡単にもいきません。

出勤日数や勤務時間が少ない非常勤スタッフは安い人件費で雇うことがでるので、人員不足を補いたい病院側から見ると最適な雇用形態となります。
しかし非常勤スタッフの大半が日勤を希望するので、夜勤の人員を確保したいとなると非常勤スタッフを増やすだけではまかないきれません
また中には日勤についても常勤&非常勤だけでは足りない状況にある病院も存在します。

こうした時に病院側から見て便利なのが派遣の看護師です。

派遣会社を通じて人材を確保できるので、求人を出したり面接をするなどの手間やコストがかかりません。

人が足りなくなれば、またすぐに派遣会社から新しい人材を確保する事ができます。

しかし派遣スタッフは通常の非常勤よりも高い給料(時給)を払わないと人が集まりません。
派遣会社へ手数料も支払わなければなりませんので、コストが高い方法になってしまいます。

そこで病院は、単発勤務~3ヶ月ほどの短中期間で派遣を利用します。
非常勤スタッフは自社で雇用しているので契約期間というものがありませんが、派遣スタッフならば契約期間が満期に達したらさらに更新をするか解約するかは自由に決められます。
もしも問題がある看護師ならば契約期間が終わったら辞めてもらい、また別の人材を派遣会社に紹介してもらえば済みます。

その間に常勤もしくは非常勤の看護師を確保していくのが定石です。
そしてまた人手不足に陥った時に、改めて派遣会社を利用すればよいのです。

こうした背景から派遣スタッフと非常勤スタッフの違いをまとめていくと・・・

非常勤よりも派遣の方が給料が高い。
非常勤は長期勤務。
派遣は短期~中期。
派遣は優秀でないと契約を更新してもらえない。
非常勤は比較的ゆっくり長期的に育ててもらう事ができる。
非常勤は日勤が多くて、派遣は夜勤が多い。
非常勤でも長く働くとミニボーナス(寸志)をもらえる事がある。
仕事内容自体は派遣も非常勤も大差がなく、両方とも原則残業なし。

このような違いがあります。

看護師イメージガッツポーズ

派遣の場合は3ヶ月間~半年間の勤務が多いですが、もしも契約が更新されなかったとしてもすぐに次の派遣先が用意されますので心配することはありません。

非常勤に適している人

子育てと両立する非常勤看護師と家族

子育てとの両立で近くの病院で長期的に働きたいのであれば非常勤がおすすめです。

しかし非常勤として働いた経歴は履歴書の職歴に必ず記載しなければなりませんので、転職歴が多すぎると新しい仕事を探す時に不利になります。

派遣に適している人

たくさん稼ぎたいという意欲や、長く働く事で生じる人間関係のトラブルが苦手であれば、派遣として働くのがおすすめです。

また派遣の場合は所属している派遣会社のみで職歴をまとめる事もできますし、派遣の特性上、職場が変わる事が多くても新規雇用されるときの減点材料にはなりません。

派遣スタイルにベストな転職サイト

看護のお仕事(派遣版)大手転職サイトの中で唯一派遣勤務に特化したサービスです。
一般的に転職サービスは常勤看護師を扱うことが多く「派遣で探している」と言うと面倒臭がられることもあります。

看護のお仕事では「派遣版」を個別に立ち上げることで、派遣・非常勤を求めている看護師に好評を得ています。