ページ上部へのスクロールボタン
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

中規模個人病院からクリニックへ

転職体験談

新卒で入職した個人病院で10年間勤務してきましたが、人間関係で心底疲れ果てていたところに仲良くしていた医師が新規開業するということでそちらに転職しました。

クリニックで勤務する看護師と医師

元々は勤めていた個人病院もとても環境の良い職場でした。
しかし上層部が入れ替わったことによって人間関係のトラブルが続出するようになり、その煽りを受けるように私自身も精神的に消耗していきました。

人間関係が悪化する前の職場はスタッフ全員が現場のことを考えながら行動できていて、とても良い病院だったと思います。
当時の婦長は管理職としての責務も果たしながら、現場のサポートやスタッフの教育も同時に行ってくれる素晴らしい人でした。
部長も基本的には事務作業ですが、急患が出たりスタッフが足りない時にはヘルプで現場に入ってくれるような優しい人でした。

しかし現場のことを考えてくれていたばかりに上層部と衝突することも多かったようで、ある時の意見の食い違いがきっかけで二人共病院をクビになってしまいました。
その頃は管理職のポジションに就けるような人材が病院内にいなかったので、外部の大学病院からヘッドハンティングで新しい婦長と部長が雇われてきたのです。

新しく赴任してきた婦長は現場の仕事には一切手出しせず、ひたすらスタッフの監視をしているような人でした。
どんなに人手が足りない時でも注射の1本も手伝ってくれません。
これでは周りの信頼が得られないのは当たり前です。

また新しい部長に関しても厄介な部分が多い人で、とにかく上層部のいうことだけを聞いている操り人形みたいな人でした。
スタッフの働きを労いもせず、現場の苦労も眼中にない。
ただひたすらに病院の利益だけを考えているような人で、私は「こんな人が医療従事者を名乗っても良いのだろうか?」と心の中で疑問に思っていました。

もちろんそんな不満は私だけではなく、一緒に働いていた同僚もみんな抱えていました。
次第に職場の雰囲気は悪くなってゆき、ひとり、またひとりと病院を辞めていきました。

私は一度も転職をしたことがなかったので、転職願望はあってもなかなか行動に移せずにいました。
そんな時に病院内でも特別仲の良かった医師が「新規開業するから一緒に来ないか?」と誘ってくれました。
もちろん二つ返事で快諾し、スムーズに職場を辞めて新しい職場で働き始めることができました。

今思ってみればもっと早く転職していれば良かったなと思いますが、これも運命だったのだと思います。

先日元同僚達と食事に行ってきたのですが、みんな口を合わせて「前の病院をやめてよかった」と言っています。
私以外の元同僚の多くが転職サイトを利用していたと聞き「なんで教えてくれなかったのよ!」と笑い話にもなりました。
今はみんなが満足して働ける居場所があるからこそこんなに楽しく過ごせるのだなと痛感しました。

現在の職場は夜勤がないので以前よりも収入は減りましたが、精神的な健康も取り戻せましたし、毎日楽しく仕事をすることができます。
今の職場に不満がないので今後転職する予定はありませんが、もしも周りで悩んでいる人がいたら転職サイトを紹介したいと思っています。