ページ上部へのスクロールボタン
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

31歳 個人大型病院への転職

転職体験談

出産を期に転職を決意しました。
同じ病棟勤務で、それまでの仕事も希望すれば日勤常勤に戻してもらう事なども可能で育児をサポートする態勢が整っています。

決して楽な仕事ではないですが、公立病院なので安定していますし、給料も平均的、職場の人間関係も一時期ギクシャクしていた時期もありましたが、辞めた当時は、それまでクセモノだった人が先に職場を去っていたので平和でした。

それほど、前の職場に不満があった訳ではないのですが、転職を決意した理由は、子供ができた時の保育園の問題です。
私の家は、主人の親が高齢だった事もあり2世帯で同居をしています。

主人の稼ぎもそれなりにあるのと、両親ともに厚生年金と企業年金をもらっているので、世帯収入は4人分合わせるといい金額になってしまいます。

保育園費用をイメージする保育園での娘の写真

そうなると大きなネックになるのが保育園の費用です。
私が住んでいる地域は待機児童が大きな問題になっていて、医療業界は優先して入れてもらいやすいとはいえ、すぐに認可保育園に入れる保証はありません。

認可外であれば、おそらく月額10万円前後の費用がかかってしまいます。
親に見てもらう方法もありますが、初孫で甘やかされるのが怖くて、しっかりトイレトレーニングなどもしてもらえる施設に預けたい。

更に家が不便な場所にあり主人は朝晩が遅く、親は車を持っていないので、私自身が保育園に入れるにも、送迎をしなければいけません。
そうなると、それまでの病院で日勤常勤になっても対応できず、非常勤まで落とす必要が出てきます。

そこで、託児所付きの大手病院に転職を決意しました。
職場や近くに提携の託児所があれば子供の送迎と通勤がセットになるので助かりますし、病院の託児所は遅い時間や24時間などやっているので、多少の残業にも対応できます。

何よりも高額な保育園の費用が必要なく、プロの保育士に見てもらえて、自分からも状況を確認しようと思えば見れる所にいるのは安心です。
希望は看護師も付いていて病児保育にも対応している所を希望しました。

病児保育は子供が発熱など体調を崩してもプラス500円~1,000円程度の追加費用を払えば見てもらえるので、親にもほとんど迷惑をかけずに子育てと両立する事ができます。
看護師になって転職は初めてでしたが、看護師転職支援サイトを利用すると、託児所付き特集などもやっていて、仕事は探しやすかったです。

無事に希望どおり病児保育対応の託児所付きの病院に日勤常勤として勤務できる事になりました。
仕事内容は大差はありませんが、勤務先が変わるとやり方が違い戸惑う事もありますし、今はまだ新人なのでみんな優しいですが、続けていけば新たな人間関係の問題もこの先もっと発生していくと思います。

それでも家庭や育児が重要なので、頑張って今の職場を続けていきたいと思いますし、数年続ければ居心地が良い職場になってくれると信じています。

子育てと両立できる仕事探しをしたい方はこちらのページもご覧下さい。