ページ上部へのスクロールボタン
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

大学病院からコールセンターへ転職

転職体験談
コールセンターで電話応対をする女性

婚約を機に大学病院の病棟勤務(夜勤あり)を退職して契約社員でコールセンターに転職しました。

今後結婚して、一緒に生活をするので生活リズムが合わないのは、お互いにストレスになると感じたん点や、旦那になる人の稼ぎも悪くなく無理して働かなくて良いと言われたのが退職の理由です。

病棟勤務をしていた当時はストレスも大きかったので、家庭に持ち帰って欲しくないという気持ちもあったのだと思います。

私はもともと器用なタイプではなく、7年ほど同じ大学病院で勤務していますが、同期に比べても仕事を覚えるのが遅く、患者さんからのクレームも多い方でした。

日勤のみにしてもらったり、非常勤になる選択肢もありましたが、仕事を辞めてもいいという言葉に甘える事にしました。

ですが、子供もいないですし、ずっと家にいるのも違うと感じたのと、自分の洋服代やお小遣い程度は稼ぎたいという気持ちがあり、コールセンターへ転職しました。

現場の処置などはあまり得意ではないですが、患者さんとのコミュニケーションは好きだったので私には最適な仕事だと思いました。

何かを売り込むとかではなくて、病気や医療費などの相談に乗る受け手側の仕事だったので、大学病院で勤務した経験も活かしつつ、自分の短所も影響しない仕事でとてもやりがいを感じています。

病棟勤務は立ち仕事で歩く量も多かったので、日勤の時でも疲れはそれなりにたまりましたが、コールセンターでは常時座って仕事ができますし真剣に相談に乗っていると、時間が経つのも早く感じてあっという間に一日が終わります。

休日もしっかりしていますし、残業もほとんどありません。

仕事中は、同僚と協力して仕事をするというよりかは、個人プレーで電話対応をするので、人間関係のギクシャクもないですし、契約社員で雇用されている人達はみんな仲が良いです。

肝心の給料ですが、病棟勤務の時は夜勤もしていましたので年収480万円程ありました。
今のコールセンターは契約社員で年収おおよそ350万円弱です。

派遣の給料・時給相場っていくらくらい?

収入は大きく落ちましたが、結婚をして1人暮らしが同居に変わった事もあり、私のお小遣いを月10万円に加えて何かあったときのちょっとした出費を出しても、私の給料だけで年間150万円くらいは貯金ができる計算です。

仕事のストレスは家に持ち帰っていませんし、残業がないので食事と洗濯の家事は毎日できています。

掃除だけは昼間いない事もあり休日に溜めてしまいますが、夜勤もなく主人と休みが合うタイミングも大幅に増えたので、いい仕事を見つけられたと思います。

今の雇用形態は契約社員で、長く続けても正社員になれる見込みは少ないです。
ですがある程度の長く働く事はできるみたいなので、子供ができるまではこのまま続けていきたいと思っています。