ページ上部へのスクロールボタン
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

大学病院から個人病院へ転職

転職体験談
大学病院で長年働いて激務に耐えられなくなった女性

私は大学を出て看護師になりました。
傷付いたり弱っていたりする人を助けたい気持ちだけで、この職業を選んでいました。
実家のある秋田から上京して、都内の大学病院で毎日懸命に仕事をして来たと思います。

ありがたいことに素敵な男性とも会え、今では一児の母親でもあります。
産休や育休を除けば、大学病院での勤続は30年ぐらいになります。

ですが、年齢も年齢なだけあって、大学病院の激務には耐えられなくなってしまいました
それが私の転職理由です。

体力の衰えがはっきりと感じられるようになり、このままでは現場に迷惑を掛けてしまうと感じました。
少し名残惜しくもありますが、夜勤の無い落ち着いた職場へ転職しようと考えたんです。

残業が厳しく無く激務になりにくい職場を探していると、1つの個人病院を見つけました。
私は正直、個人病院に対してあまり良い印象を持っていませんでした。

大学病院は激務ですが、仕事内容はエキスパートであり、ミスを許さない徹底した管理がありました。

でも、私が噂に聞く個人病院はコスト削減のために不衛生な環境を見過ごしたり、患者に対して過剰な治療を行ったりしています。

ちょっと気乗りしない部分はありつつも、とりあえず面接を受けてみることにしました。

すると、院長自らが面接官を担当してくださり、対応もすごく丁寧で驚きました。

私が想像する個人病院とは違い、院内は清掃が行き届いていましたし、インテリアも高級ホテルのロビーのようになっていたんです。

話を聞くと、院長が趣味で買い集めたインテリアを院内に置いているでしょう。
その個人病院は院長とその奥さんと、看護師が数名で運営していました。
面接したその日に全員を紹介され、とてもアットホームな印象を受けた記憶があります。

大学病院では誰もが忙しそうに早歩きでしたが、
ここでは全員が余裕を持った笑顔を見せていたんです。

私はその場の雰囲気に心が洗われたようでした。
変な偏見を持っていた自分が情けなく感じます。

院長は面接当日に、私に採用すると言ってくれました。
別の病院も面接しようと考えていましたが、快く受け入れてくれた院長に感謝して就職を決意したんです。

病院のルールが少し違い慣れない部分はありましたが、ゆっくり確実に覚えて行ける余裕があるのが嬉しかったです。

大学病院では様々なことに忙殺され、不安な気持ちが過ぎる場合がありました。
ですが、この個人病院では会話がしやすく仕事をするストレスがとても少ないんです。

体力的にきつかった私にとっては、この転職は理想的と言って良いほどです。
給料は大学病院の時よりも下がりましたが、サービス残業が当たり前のようにある職場と比べるのは意味がありません。
私は定年になるまでこの個人病院で働きたいと思っています。

残業なし・夜勤なしの職場についてはこちら