ページ上部へのスクロールボタン
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

看護派遣から美容クリニックへ転職

転職体験談
美容クリニック施術の様子

看護師のバイトを派遣会社を通じて行っていましたが、辞めることにしました。
本当なら正社員できちんとした病院で仕事がしたかったです。
でも、自分の能力では希望する病院に入ることができず、かと言って妥協した就職もしたくありませんでした。
納得できる就職先を探すまでの一時しのぎとして、派遣に登録したんです。

余談ですが、はっきり言って私みたいな若い人が派遣をするメリットは無いと思いました。
職場がコロコロ変わるのでスキルアップしにくいですし、現場独自のルールを把握するだけで精一杯です。
仕事のルールや方法は簡単に教えてもらえますが、研修できっちり教わるようなこともありません。
誰でもできるような道案内みたいな仕事しかさせてもらえないこともしょっちゅうです。
ボーナスも出ないですし、病気や怪我で仕事ができなくなっても給料の保証もないです。

そんな状態でダラダラ働くぐらいなら、思い切って正社員で就職する方が良いと思ったんです。
なかなか給料や条件が合う職場は見つかりませんでしたが、気になる求人を発見しました。
それは美容クリニックの求人です。
最初、何で美容クリニックが看護師の求人を出しているのか、純粋な好奇心で見ました。
仕事内容は美容手術のサポートやビタミン注射、点滴などです。
看護師らしい仕事とは感じませんでしたが、美容には興味があります。
給料や待遇も悪くなさそうですし、残業等も厳しくなさそうです。
何よりも正社員で福利厚生が充実しているのがとても魅力的でした。

私はさっそく美容クリニックへ転職しようと行動を開始したんです。
大した看護師経験も無い私が採用されるのかは不安でしたが、面接を受けてみて安心しました。
看護師の資格を持っていることが重要で、仕事自体はそんなに難しくないと言ってもらえたんです。
この時、資格を取っておいて本当に良かったと思いました。

美容クリニックの仕事はいろいろな意味でハードです。
美しさを提供する職場なので、身なりや化粧の仕方、仕草などはものすごくたくさん指導されました。
香水や普段着にまで指摘を受けるぐらいで、美意識の高さにはびっくりです。
でも、少しずつ化粧や仕草が改善されて良い女になっている自覚が持てたのはモチベーションに繋がりました。
社員旅行もありますし、安定した仕事ができるので美容クリニックへ行って良かったです。
あのまま派遣で働いていたら、転職のチャンスを逃すところだったかもしれません。
若い時に転職を決意したのは正解でした。